盗聴器ダメゼッタイ!

盗聴器の脅威は誰にでもある理由

様々なハイテク機器が私たちの生活に大きな影響を与えていますが、ハイテク機器は快適な生活を作り出す一方、私たちの生活を脅かす存在になる場合もあり、注意しながら生活する事が大切になっています。
そんな中、問題になっているのが盗聴器による盗聴です。
最新の盗聴器は非常に小さく、見つける事が困難な場合も多く、自宅に盗聴器が仕掛けられている事に、気が付いていない場合も多いようです。
盗聴を行う理由は様々で、ストーカーや、泥棒等が利用してい場合が多いようです。
ストーカー等の場合は、プライバシーが筒抜けになってしまい非常に危険ですし、盗聴で誰もいない事を確認して泥棒が侵入する場合もあり、犯罪に巻き込まれてしまう事になるので、なんらかの対策が必要になるでしょう。
泥棒等の場合は、盗聴される身に覚えがない方が被害に遭う場合が多いので、誰にとっても盗聴の危険性があると言えるでしょう。
住まいのセキュリティを考える事は非常に大切ですが、盗聴を意識して、調べる事も非常に重要な事になっています。
誰が設置するのか分からない事が、盗聴の怖さを表しているので、しっかりと対策を行うようにしましょう。
盗聴器は、業者にしっかりと調べてもらう事で、安心して暮らせるのではないでしょうか。


盗聴器の種類と特徴

盗聴器はタイプによって電源方式が違い、「電池式」「AC電源式」「電話回線式」と大きく3つに分ける事が出来ます。
形状の違いによってはさらに分類することもあります。

電池式は内部の電池を使う物で、外部電源を必要としない自由度がメリットですが、電池が切れれば使えなくなります。
その形状から「ボックス型」と「擬装型」があり、ボックス型はどこにでも設置できて、付属する15cm程度のホイップアンテナを付ければ飛躍的に電波を飛ばす事が出来ます。

擬装型は電卓、卓上時計、パソコンのマウスなど、普通の事務用品の内部に盗聴器が組み込まれています。
ただの偽装でなく、それらの事務用品として普通に使えるため識別は難しいでしょう。
電源をそれらの中から使っていて、電源の問題もありません。

AC電源式は盗聴器には電源がなく、家庭用コンセントから電源を得るタイプ。
電池切れがありませんが設置場所は限られています。

AC電源式も同じくボックス型と擬装型があり、ボックス型は本体から出ているクリップを電源ラインに挟み込んで使います。
擬装型は、三叉式ソケット製品の内部に盗聴器が入っています。
コンセントに差し込むだけで機能するので簡単に仕掛けられるのが特徴で、オフィスやラブホテルなどで多く使われますが設置場所がコンセントの場所に限定されます。
電話回線式は、電話回線を流れている直流電圧から電源をとっていて、半永久的に電波を発射します。

モジュラージャックの中に仕込まれている擬装型もあり、通話が始まると通話を電波で飛ばし、電話を切ると電波も切れるために通話中でないと発見できません。

おすすめWEBサイト

プロジェクタースクリーン
http://1stscreen.jp/
借金 消滅時効の援用
http://www.jiko-enyou.com/
原付 廃車
http://www.bike-poi.com/
有機野菜 宅配
http://nozawanouen.com/
強力消臭剤
http://www.rakuten.co.jp/nsb-onlineshop/
ノベルティの販売
http://www.pita-clean.com/
大阪市のリフォームなら
http://www.is-cross.co.jp/

最終更新日:2016/3/2